二つ以上

スープとボディを考える際に

気を付けないといけないのが、

多ければいいのかという点です。

 

寄せ鍋のように何種類もスープを重ねて

おいしくなる料理もありますが、

カレーにするとなると

風味がとても重要になります。

 

10種類ほどのスパイスの香りを活かせる風味となると

かなり気を付けて作らねばならないことは想像に難くありません。

 

簡単に再現できるレシピを考えるので

スープもボディも2種類ずつまでのものに限定していきたいと思います。

 

それ以上のものはカレー部で試作して報告させていただきます。

 

上でさらっと言いましたが、

カレーに関して組み合わせの良しあしは結局

“風味”のバランスなんじゃないかなと思います。

 

美味しくしようとしても

他の食材と合わなかったり、

目指す方向とズレるとうまくいきません。

 

例えば、ココナッツミルクなら

それ自体の香りがある程度あるので

和風だしと合わせるとくせのあるカレーになりますし、

順当なチキンカレーからそれたくない場合は使いたくありません。

 

この点に関してはある程度公開レシピがたまった段階で振り返って考えたいと思います。