前期の活動を通じて

久しぶりの更新になります。

 

前回までは確実に旨みを感じるカレーの作り方を共有してきましたが

 

今年の活動を通じて、勢いのある新メンバーや成熟した上級生とカレーを作りまくって

いままで使わなかったようなスパイスに挑戦したり、

いろんな食材でカレーを作ってみて、

 

カレーが美味しいかどうかは、

香りや味のバランスで決まると再認識しました。

 

コクが少し欠けていても、オリエンタルな香りで補ったり、

香りが弱くても洋風なうまみで箸がすすんだり、

この数ヶ月だけでもいろんなカレーがありました。

 

最終的にカレーが美味しいかどうかは

作って食べてみるまで分からないくらい

絶妙なバランスのものだなと改めて思った

と同時に 

少しでも美味しいカレーの作り方を言語化していくことの大切さも感じました。

 

インド風カレー、カフェ風、洋風、B級グルメ風

様々な系統のレシピ(あるいは美味しさの形)があります。

 

カレーに興味を持った人が

カレーを作ることを手伝えるように

 

これからもカレーの研究とアイデアの共有を頑張っていこうと思います。